脂肪の効率の良い燃焼法は?〜ダイエット基礎講座5〜

はてなブックマークに追加
スポンサードリンク
 
 
ダイエットで一番減らしたいのが、脂肪です。 この講座で再三書いてますが、脂肪を減らし筋肉は維持する。
脂肪を燃焼するのは、筋肉を増やすことです。
なぜかといえば、
脂肪の最大の消費者が、筋肉だからです。
賢い読者の方はもうご存知だと思いますが、有酸素運動が脂肪を消費してくれます。
無酸素運動である筋トレなどはは、脂肪を消費してくれません。
ですから、有酸素運動をしましょうということになります。
脂肪を燃焼するには、20分以上早足で歩くのが進められています。
20分くらいから脂肪が、燃焼され始めると言われているからですよね。
有酸素運動の効用は、脂肪を消費するだけではなく、心肺機能のを高め、血流を改善します。
有酸素運動ぜひやってもらいたいエキササイズですよね!
でも有酸素運動で効果を出すには、毎日コンスタントに8千〜1万歩のウォーキングが必要になります。
時間にすると60分前後のウォーキングが必要ということになります。
これで150キロカロリーの消費ということになります。
ところが、150キロカロリーてお茶碗で軽い盛りのご飯にしか相当しません。
1時間一生懸命歩いてカロリーの消費としては、大した量とは言えません。
心肺機能と血流の改善には、とても役立ちますが脂肪消費ということにはあまり貢献していないかもしれません。
有酸素運動では、体重を減らすのにはあまり貢献しないという事実に気が付いてしまいます。
そして軽い有酸素運動では、筋肉の増量は見込めないという事もまた事実です。
まとめ
・無酸素運動(筋トレなど)は、脂肪を消費しない。
・有酸素運動のみでは、脂肪の消費は限られる。
・脂肪の最大消費者は、筋肉である。
・筋トレでは脂肪は消費されないが、筋肉量がないと脂肪は消費されない。

結論
約三ヶ月くらいかかるが筋肉量を増やし、それにより安静時の代謝量を増やしその上で有酸素運動をする。

運動生理学的にさらにいうと、最初に無酸素運動をして筋肉を活性化させた後、有酸素運動をするのが最も効率的に脂肪を消費する運動方法となります。
逆では効果は、上がりません。
結局は、急がば回れということです、まず筋肉量を約三ヶ月ほどかけて付け、そして有酸素運動を始めるのが時間はかかりますがリバウンドしないで効率的に脂肪を消費する方法です。
有酸素運動のみや、食事制限のみでは、脂肪はなかなか消費できません。
本格的なダイエットは、最初の三ヶ月筋トレをすることにより後は、スムーズに進んでいきます。
一時的な減量は、誰でも我慢すればできますが、太らない体づくりはある程度の時間がかかります。

参考文献:一生太らない体のつくり方  石井直方著



     
スポンサードリンク


MENU

おすすめ図書

 本サイトは東大教授の石井直方教授の著書を参考に構成しています。先生の著書を直接読んでダイエットを考えてください。 >>>>>>