即効、筋トレで代謝力UP!!〜ダイエット基礎講座6〜

はてなブックマークに追加
スポンサードリンク
 
 
お気軽簡単ダイエットをお伝えしてませんので、この辺で少し即効性のあるお話をします。
前回までのお話ですと、筋トレをして筋肉量を上げないと、脂肪の消費は難しいいですよ。
そして筋トレは、三ケ月くらい続けないと筋肉はつきませんよ。
これは基礎代謝を上げ、痩せやすい体を作るために必要な時間です。
もちろんこれをやらないで良いですよ、という話ではありません。
石井直方東京大学教授のチームは、筋トレなど無酸素運動後。約6時間代謝能力がアップしていることを実験から証明しています。
またアメリカの研究チームは、48時間続くというレポートを出しています。
筋トレ後2日間は、代謝能力が一時的とは言え上がることがわかってきてます。
2日にいっぺん程度の筋トレを続ければ、そのあと代謝能力が上がり、脂肪を消費しやすい体が2日間作れるのです。
本当に痩せやすい体、太らない体は3ヶ月後ですが、筋トレ後には二日くらいは代謝が上がります。
これは、体が筋肉を補修するために代謝を上げていると考えられています。
この上がった代謝と、適正なカロリー摂取内に食事量を抑えていけば、確実に脂肪は消費され体重も変化してきます。
さらにいいことは、この代謝が上がった時は、通常糖と脂肪の消費は5対5のところが、4体6とか3体7という風に脂肪の方が消費されやすくなります。
筋トレで代謝を上げた後、有酸素運動や、家事労働のように体を動かせば、効率よく脂肪が消費されます。

”筋トレをしてから、有酸素運動”

これが鉄則です。
筋トレ後の筋肉は、内分泌器官のように脂肪を分解する物質を出していることが確認されています。
また副腎から分泌される、アドレナリンは脂肪を分解する作用もあります。
筋肉をハードに使うと交感神経が活性化します、そうすると副腎が働きアドレナリンを放出するということになります。
筋トレ無理と思っていて皆さん、筋トレの効果が少しわかってきたでしょ!!
決して毎日やらなくても、二日に一回で十分効果が出ます。
スポーツ選手を目指しているのではなく、メタボからの脱却を目指しているわけですから無理のない範囲で、長く続けることが大切ですよね!!

参考文献:一生太らない体のつくり方
 石井直方著



     
スポンサードリンク


MENU

おすすめ図書

 本サイトは東大教授の石井直方教授の著書を参考に構成しています。先生の著書を直接読んでダイエットを考えてください。 >>>>>>